神に愛されし人間・『地舞巫女』。
緩やか第3弾・「神涙の踊り子」、主人公トレーネの神力です。
大地母神・ウルハータの力を持って奇跡を起こします。


その力は【大地鳴動舞】(ダイチメイドウノマイ)
地舞巫女は舞うことで神力を行使できます。
かつてはその感情の機微によって神力が勝手に働いたのですが、
歴史で確認できる二人目の地舞巫女が大地母神と契約したため、
現在は舞うという手順を踏んで神力を使います。
それでも、あまりに強く感情を動かすと神力が暴走するので、
地舞巫女はかつて『血迷未子』(血迷いし未熟な子)と呼ばれていました。
神力は大地に関すること全般で、少しなら天候を操る力も持ちます。
また、病気など体の内側の病を治すこともできます。
ただし、外傷には殆ど力及びません。
大地に与える影響とその規模は大きく、神に愛されし人間の中でも持つ力は大きいです。


神に愛されし人間としての格は低め。
地母神・ウルハータの神格は高めです。