夜と月





ヴェスプロ様と逃げて、わたしは幸せだと言うのに。
あなたの傍に居たいと言うのに。
たまに、ヴェスプロ様は、不安そうな眸でわたしを見つめる。
今、わたしは幸せです。
と、わたしが言うと、不安そうな炎を、眸の奥で揺らしながら、笑う。




そんな、ヴェスプロ様は見ていられなかった。





宿に着き、ベットへ腰を下ろしているときだった。
ヴェスプロ様が、いきなりわたしを抱き締めて、苦しそうに耳元で囁いた。



「やはり、夜は――――月に不相応だと、僕は…!…そんな思いで、胸が苦しいです…っ」


きょとん、と私は唐突な出来事に目を大きくするだけ。



「昼間、太陽の光に照らされながら僕に微笑むあなたを見て何時も…っ!何度も何度も、あなたは夜の僕と一緒にいるべきではないと自覚させられた……!」



わたしはかぶりを振る。
ヴェスプロ様はヴェスプロ様で、わたしはわたし。
夜でも月でもない。
名前の由来が、立場が、それに当てはまる物だとしても。
“わたし”は、ヴェスプロ様の前では、ただの“わたし”でしかない。
ヴェスプロ様に恋焦がれる一人の女でしかないのに。



「夜のあなたは月のわたしを求めて下さる。……月は夜を求める。それでは駄目なのですか…?それに――――」


太陽は、昼は、眩しくて、明るくて。
傍にいては、月など目立たない。
昼間は月の存在など、誰も気づきやしないのに、やっと夜になり、月は存在意義を示されるのだ。




「太陽の傍は――――気付いて貰えなくて、寂しいです…」




苦笑混じりに呟いた言葉に、ヴェスプロ様はわたしの顔を見つめる。
わたしは目を伏せる。


「…ヴェスプロ様、あなたの前では、わたしはわたしでしかありません。……ただの、人間です。」



その言葉に、ヴェスプロ様は、はっとしたように目を大きくする。
好きな人の前では、王様だって、王妃様だって、唯の人間でしかない。
そこまで見栄を張る必要もないし、肩に力を入れる必要はない。


わたしは柔らかく微笑んで、自分からヴェスプロ様へ口付けた。



「ヴェスプロ様が、好きです。……誰よりも、この世界の何よりも――――愛しています」



眦に溜まりはじめていた涙が、瞬きをした拍子に零れ落ちる。



「リュンヌ、様――――」
「あなたがわたしを愛してくださるように、わたしもあなたを………!」



思いの強さに涙が出る。
止まりはしない。



「だから、だから……っ、不安そうにするのは、やめてください…っ!」




そうでないと、幸せだと思っていたわたしさえ、壊れてしまいそうだから。



ヴェスプロ様はわたしをきつく抱き締めた。
そして、…泣いているのだろうか、多少鼻に掛かった声でわたしの名前を何度も紡ぐ。



「――――rara yam」



あなたの為に、わたしは何度でも。



「measifaryam rr rara ――――」


言葉を、紡ぐ。



次の言葉を紡ごうとしたとき、ヴェスプロ様に唇を奪われる。



「ん、ん、――――っ…」



唇が離れて、予想通り、涙を浮かべたヴェスプロ様は弱々しく笑って、
それでも、その笑みは、幸せを湛えた笑みで。



「リュンヌ様、僕は、…いえ、僕も――――」



こつん、と額と額を当てて。
物凄い近距離で、お互いの瞳を見つめ合い、そして、微笑む。






「あなたを、愛しています――――」






--------------------------------------------------------------------------------

「cLoWn」の希新様より頂きました!
うはー、なんて可愛いヴェス×リュンでしょう! すっかりヴェス狂気ポジションな琴音では逆立ちしたって書けないですよ!(興奮)
そうですよね、ヴェスED1後は、きっと狂気に侵されることなく、二人は穏やかに時間を紡いでゆくのでしょう。




希新様の素敵サイトはこちらです→